人事担当者は、経験者を選ぶ

中小企業診断士の資格があれば、経営に関する知識を証明することができるので、自分のことを会社にとって貴重な戦力であると思ってもらうことができます。
法律に詳しい行政書士やお金に関する知識が豊富なファイナンシャルプランナーも、転職の大きな後ろ盾となるでしょう。
違う仕事に職を変えるのは難しいという印象が強いですが、実態はどうなのでしょうか?結果から言いますと、異なる業種に職を変えるのは簡単ではありません。
経験者と未経験者とがいた場合、人事担当者は、経験者を選ぶことが多いです。
しかしながら、確実に無理というわけではないですし、がんばり次第では異業種に職を変えられることもあるでしょう。
面接を行う際、身だしなみには返す返すも注意しましょう。
清潔感がある洋服で面接に臨むということがポイントです。
緊張するだろうと思いますが、念を入れて練習しておき、面接の準備をしておいてください。 続きを読む 人事担当者は、経験者を選ぶ